2008年03月26日

「マール・デル・プラタ国際映画祭(アルゼンチン)」の解説です!

マル・デル・プラタ国際映画祭(Mar del Plata International Film Festival)は、アルゼンチンのブエノスアイレス近郊の港町マル・デル・プラタで開催される映画祭。1954年に設立され、毎年3月に開かれるFIAPF(国際映画製作者連盟)公認の国際映画祭である。


【概要】
1970年以来、軍事政権下のために中止されていたが、1996年より再開されている。
来場者数は例年約140,000人、プロデューサーや配給会社、ジャーナリストたちも世界中から集まるという。

【賞】
最優秀作品賞のほかに監督賞、男優賞、女優賞、審査員賞、脚本賞、イベロアメリカ作品賞などの賞がある。


【最優秀作品賞受賞作品】
1959年 『野いちご』:イングマール・ベルイマン (スウェーデン)
1960年 『橋』:ベルンハルト・ヴィッキ (ドイツ)
1961年 『土曜の夜と日曜の朝』:カレル・ライス (イギリス)
1962年 『I Giorni Contati (限られた日々)』:エリオ・ペトリ (イタリア)
1963年 『Az Angyalok Földje』:ギオルギ・レーヴェース(György Révész、ハンガリー)
1964年 『Gli Indifferenti』:フランチェスコ・マゼリ (イタリア)
1966年 『¡At' Zije Republika!(共和国万歳!)』:カレル・カヒニャ (チェコスロヴァキア)
1968年 『俺たちに明日はない』:アーサー・ペン (アメリカ)
1970年 『Macunaíma(マクナイーマ)』:ホアキン・ペドロ・デ・アンドラデ (ブラジル)
1996年 『El Perro del hortelano(農場の番犬)』:ピラール・ミロ (スペイン)
1997年 『タンゴ・レッスン』:サリー・ポッター (イギリス・フランス・アルゼンチン)
1998年 『Abr-O Aftaab』:マハムード・カバリ (イラン)
1999年 『ジェラートの天国 As Bodas de Deus』:ジョアン・セザール・モンテイロ (フランス・ポルトガル)
2001年 『To ja, zlodziej』:ヤシェック・ブロムスキ(Jacek Bromski、ポーランド)
2002年 『Bolívar soy yo』: ヨルヘ・アリ・トリアーナ(Jorge Alí Triana、コロンビア・フランス)
2003年 『Separações』:ドミンゴス・デ・オリヴェイラ (ブラジル)
2004年 『Buena vida delivery』:レオナルド・ディ・セザーレ(Leonardo Di Cesare、アルゼンチン・フランス)
2005年 『Le Grand voyage』:イスマエル・フェルーキ (フランス・モロッコ)
2006年 『Noticias lejanas』:リカルド・ベネット (メキシコ)
2007年 『M』(M):ニコラス・プリヴィデラ (アルゼンチン) ※山形国際ドキュメンタリー映画祭2007コンペティションで上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。