2008年03月25日

「わが青春に悔なし」監督 黒澤明

200px-Waga_seishun_ni_kuinashi_poster.jpg
監督 黒澤明
製作 松崎啓次
脚本 久板栄二郎
出演者 原節子
大河内傳次郎
藤田進
音楽 服部正
撮影 中井朝一
編集 後藤敏男
配給 東宝
公開 1946年10月29日
上映時間 110分
製作国 日本
言語 日本語

『わが青春に悔なし』(わがせいしゅんにくいなし)は滝川事件とゾルゲ事件をモデルとした黒澤明監督の映画である。GHQの奨励したいわゆる民主主義映画の一つである。なお、本作と同時期に同じ題材の映画が企画されていたため、「新人監督をつぶすつもりか」との労働組合の圧力を受けて、黒澤の意図に反して映画後半の展開を大幅に変更せざるをえなかった。 農村シーンに込められた異様な気迫は、この圧力に対する反感があったからと黒澤は述懐している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。