2007年09月24日

アメリカン・ニューシネマとは、1960年代後半 - 70年代にかけてアメリカで製作された

アメリカン・ニューシネマとは、1960年代後半 - 70年代にかけてアメリカで製作された、反体制的な人間(主に若者)の心情を綴った映画作品群を指す。英語では”New Hollywood”がこれを指す。

1967年12月8日付けの「タイム」誌は、『俺たちに明日はない』を大特集し、派手な見出し「ニューシネマ 暴力…セックス…芸術! 自由に目覚めたハリウッド映画」という記事の中で新しい米国映画の動向をレポートした。
『俺たちに明日はない』 >>
<<あらすじ>>
1930年代のクライド・バーローとボニー・バーカーの実話を元に描かれている。

クライド(ウォーレン・ビーティ)がボニー・バーカー(フェイ・ダナウェイ)の母親の車を盗もうとする場面から映画は始まる。

ボニーはクライドの非合法的な振る舞いに興奮させられ、そして、彼は彼女の面前で店から掠奪をすることで、彼女をさらに刺激する。

クライドはボニーを引き連れて車を掠奪し、彼らの伝説的な犯罪を行い放題が始まる。

2人は町から別の町まで渡り歩き小さい強盗をやってのける。

彼らがクライドの兄バック(ジーン・ハックマン)と彼のけたたましい妻ブランチ(エステル・パーソンズ)、頭の鈍いガソリンステーションの店員C.W.モス(マイケル・J・ポラック)がメンバーに加わり、この新しいギャング団は銀行強盗をはたらく。その中で銀行の客にお金を頼りにされると支払ってやる。こうしてクライドたちは大恐慌時代でのロビン・フットとして人気は広まる。

警察の方も警備を強化しても、彼らは絶えず逃走を続ける。ある時は、テキサス・レンジャーのメンバーを誘拐し、手錠をかけ、いかだで彼を漂流させる。しかし、アイオワでテキサス・レンジャーは彼らを襲撃し、バックは虫の息、ブランチは旦那のそばにいたいとして、2人をその場に残すが、ボニーもクライドも負傷する。ボニーの母親に会った後、隠れ家を求めてC.W.は彼らと共に自分の父親が住んでいる牧場を訪ねる。C.W.の父はC.W.の身を守るためにテキサス・レンジャーと司法取引をする。

こうして、隠れ家から出てきたボニーとクライド2人は、警察側の集中砲火を浴び、絶命した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。